2020年01月21日

珍クワガタと新たな挑戦など。

ニュース1

コレクションの昆虫標本を整理していたら、珍しい小型クワガタを見つけました。南米ボリビアには2度、ペルーにも1度行きましたが、このクワガタは現地でもなかなか見つからない珍クワガタのようです。
20200122a

その名もエンマクワガタAuxicerus platyceps。ボリビアとペルーに分布し、オスの最大体長は13mmになります。画像は12.8mmある超特大型。オスは上翅が全胸と同じく、赤い色をしている。大型個体でも大顎が長く発達しないのも特徴の一つですね。目がある部分の先が尖っていて、なんだか怒っているようにも見えます。この形もクワガタの中では珍しいと言えます。ちなみに近縁種のムルティコロールエンマクワガタ(オスは大顎が長く発達し、上翅が黒い)の標本は21mmが!機会がある時に画像公開したいと思います。昆虫標本のコレクションをしていると、様々な形や大きさに進化した虫たちの魅力がより解る気がします。まだ持っていない種類の標本もあるので、今後も機会がある時に少しずつ集めていこうと思っています。


ニュース2

ライトトラップのYouTube情報。

20191230a.jpg

「ドラゴン先生のボリビアライトトラップ編」街灯廻りでサタンを見つけた翌年、2回目のボリビア旅行に出発!目的はエクアドルでのライトトラップによるヘラクレス発見の成功に次いで、今度はボリビアでライトトラップを行い「幻のカブトムシ」ことサタンオオカブトが来るのを待ってみます。そしてついに100ミリを超える超特大サイズのオス(見つけた大きさの新記録更新!)が!動画はこちらからご覧下さい。



他昆虫や格闘技に挑戦!美女達が登場するアクションドラマなど他YouTubeは、再生リストがあるこちらからご覧下さい。


チャンネル登録もよろしくお願い致します。


ニュース3

南米エクアドルでのライトトラップで、野生のヘラクレスオオカブトのオス、体長15センチ以上のヘラクレス・リッキー特大サイズが飛来してその観察に成功!

20180811x.jpg

ライトトラップに飛んで来て、私ことドラゴン先生の肩に乗る野生のヘラクレス・リッキー15センチ以上の特大サイズ!この後、頭の上まで登って来ました!

20190812m.jpg

ライトトラップに集まる驚くほど巨大なバッタや「特にガの量がすごい!」と話題のYouTube「ドラゴン先生の昆虫紀行 南米エクアドル編PART4」はこちらからご覧下さい!https://youtu.be/5pxvBvfK8YI


ニュース4

日本でライトトラップ「ドラゴン先生の世界の虫勉!No8ミヤマクワガタ採集編」が配信中です!

20190808q.jpg

ライトトラップに向かい次々とミヤマクワガタが飛んで来て、ストックケースがいっぱいに!ストックケースは2ケース目に突入!!親子や友人と楽しめる夏休み必見の昆虫採集YouTubeです、是非ご覧下さい。

20190814a.jpg

「ドラゴン先生の世界の虫勉!No8ミヤマクワガタ採集編」はこちらからご覧下さい!



ニュース5

おかげさまで好評発売中の「立体昆虫図鑑 世界のカブトムシ」と「立体昆虫図鑑 世界のクワガタ」が、令和2年1月(今月)5回目の再生産(本でいう重版出来)です!

20190429o.jpg

こちらは画像中央が2001年7月に山梨県で私が樹液採集したオオクワガタ体長73.8mm超特大型。生きていた時は74mmありましたが、飼育後に死んでから標本にして乾燥化で0.2mm縮みました。過去に4匹の7センチオーバーのオスを採集していますが、このオスが一番大きいサイズになります。このオオクワガタの標本を原型モデルに製作した、右が「立体昆虫図鑑 世界のクワガタ」に入っているオオクワガタのフィギュア。画像左は同じく原型モデルで製作した「ドラゴン先生のリアル甲虫マグネット」(「立体昆虫図鑑」とは別売り)です。

20190426l.jpg

画像左はローゼンベルグオウゴンオニクワガタのオス83.2mm野外ギネス級サイズ標本!ギネス級とは、この種類で世界一大きなクラスの標本サイズという意味になります。この標本を原型モデルに制作したのが、画像右の「立体昆虫図鑑 世界のクワガタ」に入っているローゼンベルグオウゴンオニクワガタのフィギュアです。

20190112c.jpg

世界の人気クワガタのフィギュアが7種類入っている「立体昆虫図鑑 世界のクワガタ」。「立体昆虫図鑑 世界のカブトムシ」とどちらも各ウェブショップでも購入可能(立体昆虫図鑑 世界のカブトムシ、立体昆虫図鑑 世界のクワガタで検索)。

20190429k.jpg

こちらは「立体昆虫図鑑 世界のカブトムシ」の中に入っている日本のカブトムシの原型モデルのご紹介です。画像右は私が樹液採集した中で一番大きなカブトムシ体長84.5mm超特大型、東京都八王子市で採集。生きている時は85mmありましたが、飼育後に死んでから標本にして乾燥化で0.5mm縮みました。このカブトムシの標本を原型モデルに製作したのが画像左、「立体昆虫図鑑 世界のカブトムシ」に入っている日本産カブトムシのフィギュアです。

20190627a.jpg

コーカサスオオカブトはジャワ島産120mmオーバー野外ギネス級サイズを使用!左が標本、右がフィギュアになります。

20190112b.jpg

「色や形が本物そっくり!」な昆虫フィギュアが1箱に7種類も入っている!「立体昆虫図鑑 世界のカブトムシ」。

20180207c.jpg

箱の中身です、手のひらサイズで遊びやすく出来ています。

20180406b.jpg

パッケージ裏面には画像、種名と解説文が入り、まさに学べる立体フィギュア図鑑になっています。

20180406a.jpg

ケース裏面のヘラクレス・リッキーブルーに乗った私のイラストも目印です。私が監修するフィギュアやマグネットの原型は、世界の昆虫標本コレクション「ドラゴン先生コレクション」の野外産ギネス級や超特大標本を使用して製作しています。フィギュアのリアルな迫力は、原型の標本サイズがとても大きいからだと言えると思います。冬でも売れるヒット商品、是非手にとって頂けたらと思います。


今年の新商品「立体昆虫キーホルダー」も売れ行き好調でした。今後ともよろしくお願い致します。

20190407d.jpg

画像左からコーカサスオオカブトムシ、ヘラクレス・リッキーブルー、ヘラクレス・ヘラクレスオオカブトムシの人気カブトムシ3種類と…

20190407e.jpg

こちらも左からギラファノコギリクワガタ、エラフスホソアカクワガタ、パラワンオオヒラタクワガタの人気クワガタ3種類!

20190407j.jpg

手のひらサイズで遊びやすい!キーホルダーなのでいつでも一緒にいられるよ!!

20190407f.jpg

パッケージ裏面に載っている全6種を集めると…

20190407i.jpg

立体昆虫キーホルダーシリーズが勢ぞろい!

20190407g.jpg

監修しました私の名前もパッケージに掲載されています。シリーズをみんなで集めて「バトルして遊んじゃおう!」。


通算再生産19回達成!オカクワ通販、昆虫イベント会場や全国の玩具ショップ、おみやげ屋さん、ネット販売店、水族館、動物園などで私が監修した昆虫グッズが販売中。株式会社ザ・アクセスさんでは私監修の昆虫玩具を業販中です。株式会社ザ・アクセスさんの昆虫商品のご案内は、こちらのサイトから御覧ください。




さらにオススメの玩具もう1点は、

「世界の人気カブトムシとクワガタの超特大サイズの標本が、原寸大でジグソーパズルに!」

20160611a.jpg

株式会社エポック社から、1000ピースジグソーパズル「カブトムシ クワガタ図鑑」3,000円(税抜)が全国の取扱店やウェブにて販売中です。パズルが完成するとすごい迫力!監修協力した私のプロフィールもパッケージに掲載、フレームフィッティングが観られるサイトはこちらからご覧下さい。こちらも1回再生産になっています。


ジグソーパズルは、約250年前に子供に地図を覚えてもらう為にイギリスで生まれた玩具だとか。遊びながら学べる知育玩具と言えるでしょう、通年オススメの玩具ですね。


ニュース6

コミックのリリース情報!

20190903a.jpg

「ドラゴン先生奮戦記」がオールカラーでまんが王国https://comic.k-manga.jp(岡村茂で検索)で配信中、パチンコ・パチスロファンの方々にオススメの作品です!


パチンコ・パチスロ漫画といえば「ドラゴン先生 DRAGON TEACHER」パチンコ・パチスロ編1〜3巻もまんが王国で配信中!

20190903d.jpg

この作品の連載開始時の記事はこちらになります。


私の連載デビュー作「BAD BOY MEMORY」。

20190903e.jpg

全10巻が、各デジタル漫画配信サイトやまんが王国で配信中です是非ご一読下さい!


ニュース7

重版出来7回達成!好評発売中の図鑑情報。

konnchixyuuzukann.jpg

ヘラクレスオオカブトの迫力のイラストが表紙、「昆虫 超最驚図鑑」980円(税別)、株式会社永岡書店発行。ここで本の中身を1部公開します。

20190610a.jpg

世界のカブトムシやクワガタの特集ページもあります。画像の標本は世界の昆虫標本コレクション「ドラゴン先生コレクション」です。

20190610d.jpg

私の本業は漫画家なので、しっかり漫画もオールカラーで掲載されています。「岡村茂の世界昆虫旅行記 WORLD INSECT ADVENTURE」も是非読んでね!

20190610b.jpg

「あれ?これは何の虫!?」見たことがないような不思議な形をした甲虫たち。実はこの画像、体の半分がオスで半分がメスの雌雄同体型(しゆうどうたいがた)の評価額つき特集ページの画像なのです!他にも評価額がなんと300万円!!のチョウの雌雄型を含め掲載。これらの標本はとても珍しく、昆虫標本コレクターにも人気の特集になっていますよ。

20190610s.jpg

こちらは背表紙、この1冊に230匹以上が掲載!書店でお求めの場合、無い時は店員の方にお問い合わせ、ご注文下さい。この図鑑はこちらのサイトで一部のページがご覧になれて、購入をクリックすると表示される各オンライン書店の中から選んで購入が出来ます。



ニュース8

今まで昆虫に関する様々な仕事をして来ましたが、今年から新たな仕事への挑戦を始めました。その仕事の結果が出るまでは時間がかかると思いますし、まだお知らせは出来ませんが、公開出来る段階になりましたらこのブログでもアップしたいと思っています。
posted by ドラゴン先生 at 02:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする